FC2ブログ

7/12メサイア指揮者合わせへのコメント

大野先生より

And the glory of the lord 
アルトの歌い出しは鋭く言葉をハッキリ音が流れないように。ただし、言葉をハッキリ発音しようとして喉声にならないようお腹でしっかり支えて言葉を発音しましょう。 
17小節目のテノールもハッキリ鋭く歌い出しましょう。 
38小節目のハーモニーを良く感じて下さい。 
47小節目のテノールのラの音が揃っていません。 
51小節目はフォルテで。 
83小節目の3拍目のソプラノ出来るだけ高い響きで。 
93小節目の3拍目からのテノールは力強く。 
108小節目の3拍目からソプラノは言葉をハッキリ。 

O thou that tellest good tidings to zion 
指揮は2つ振りなので指揮をよく見て遅れないように。 
123小節目のuponのpをハッキリ発音して下さい。 
128小節目と129小節目のbehold(見よ!)語尾の音が伸びすぎないように。 
133小節目の最後の音から始まるアルトのthe gloryはメッゾ・ピアノから初めて135小節目のハーモニーを感じて下さい。 

For unto us a child is born 
歌い出しのソプラノは鋭く。 
どのパートも16分音符で動いている所はオーケストラのハーモニーを意識して下さい。そして音が上り詰めた最後の1小節を大事に歌って下さい。 
26小節目のテノールは鋭く遅れないように。 

33小節目と34小節目のwonderfu, Counsellerは共に頭にアクセントを置いて語尾は小さめに。以後何回か同じ形が出て来ても同じです。 
37小節目のPrince of Peaceは音を長めに。 
47小節目のテノールは音が高いですが出過ぎないように。 
53小節目の4拍目のテノールはしっかりハッキリ出ましょう。 

Hallelujah 
ハッレルーヤという言葉を一つ一つハッキリお腹を使って発音しましょう。 
22小節目からのfor the God omnipotent reignethはレガートに。どのパートも同じです。 
33小節目からは雰囲気を変えて厳かに。そして37小節目の4拍目からはフォルテで。 
43小節目のバスのトリルはファの♯から初めてファミファミファミにして下さい。 
44小節目のテノールの高いラの音は喉で押さないで出来るだけ高い響きで。 


言葉をハッキリ発音しようとするとどうしても口先だけになってしまうので要注意です。指揮者の澤も仰っていましが喉でがならないでお腹でしっかり支えて歌いましょう。フォルテでもピアノでもどんなに言葉をハッキリ発音してもいつもお腹の支えを忘れないで下さい。 

大野健

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuziradaiku

Author:kuziradaiku
くじら第九合唱団団員向けお知らせ用ブログサイトです

くじら第九合唱団昭島60の公式ホームページはこちらです

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR