FC2ブログ

5/17 第九指揮者合わせ へのコメント

大野先生から頂いた、練習進捗でのコメントを転載します(エキストラ参加で練習進捗が読めない方のため)。
指揮者の渡辺さんの指示も整理して頂いていますので、良く読んでおきましょう。

《以下転載》

先生より:
歌い出しから29ページまではとても良くなったとおもいました。ところが30ページ631小節目から653小節目までのピアニッシモがどのパートも音が低くなっていました。 

まず631小節目のソプラノの最初の音が喉だけの声になっていました。もっと息を混ぜてお腹でコントロールして下さい。635小節目のAhの音も低いです。 

647小節目からの5小節は第九の中で最も難しい所だと思いますが、今まで練習して来たようにお腹でしっかり支えて上顎をのを忘れないで下さい。30ページと31ページはまたじっくり練習しましょう。 
フォルテで歌う所は以前に比べてとても良くなって来ましたのでピアノやピアニッシモで歌う所はより良い響きでフォルテ以上に支えをしっかりして行きましょう。 

最初に戻りますが、練習番号D,E,Gは弾むように喜びを感じて歌って下さい。 

411小節からの男声コーラスは勝利に向かう喜びを活力を持って歌って下さい。 

練習番号Mもまた弾むようにそしてsf(ソフォルツァンド)は音を飛ばすように。 

594小節目からそれまでとは違って厳かにでも力でおさのいように。 

40ページ753小節目のzeltは母音を長めに。758小節目はクレッシェンド、デクレッシェンドをして759小節目はからはテンポが少しゆっくりになります。 

810小節目は1拍目はフォルティシモ2拍目はピアノ3拍目からクレッシェンドで811小節目の2拍目からはピアノです。 

832小節目はpoco adagioですがMenschenは前の早いテンポで下ります。 

880小節目からはmarcatoでやさしはなしで喜びで発狂し下さい。そしてsfも協調して下さい。 

916小節目のMaestosoは今まで練習し来たよりも早めです。Elysiumでピアノになりますがエネルギーが失われないように遅くもならないように。


《転載終わり》


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuziradaiku

Author:kuziradaiku
くじら第九合唱団団員向けお知らせ用ブログサイトです

くじら第九合唱団昭島60の公式ホームページはこちらです

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR